公開日:2018.08.22

ネジカラー

ねじの色を金具や木材に合わせたい!ワンポイントにも使いたい!

ねじの色を合わせたい! ワンポイントも面白い!

リビングのアクセントになる小物置きがブロンズ色で映えているのに、よーく見るととめつけているネジが、シルバーで色が合ってないと思った事はありませんか? 気になる方はインテリアこだわり派です。また、買った時から付属のねじの色が違う場合が意外と多いのも事実です。
そのようなこだわり派の方のための商品が「 ネジカラー 」です。ネジの頭の色は白・黒・茶などのスタンダードなものからスカイブルー・ミントグリーン・ピンク・オレンジなどの個性的な色まで、15のカラーバリエーションをご用意しました。

1,木材だって・・・ 鉄板だって・・・ 色を合わせたい!

色を合わせたいと思うのは木材だけではありません。鉄板だって色をあわせたい! ネジカラーはそんなニーズにお応えするために薄鉄板に下穴を空けてとめつけるタッピングビスと、鉄同士を下穴なしでとめつけるドリルビスを用意しました。鉄板に多い板金ブルー色やグレー色のラインナップもこだわりました。

最近はホームセンターで、ペンキの必要のない色付きのカラフルな木材が売っているので造作がたいへん便利になりました。

2,ねじの色を合わせたい!

踏み台が欲しかったので自分で作ってみました。花壇にもつかえてたいへん便利です。先に色を塗ってしまった天板の木目に色を合わせてネジでとめつけたい。
15色の中からネジカラーを選んでみるとベージュがしっくりいきました。

リビングをオブジェでいっぱいにしたかった。小さな椅子を作ってグリーンをかざるとさわやかなリビングに変身!
15色の中からネジカラー選んでみるとペパーミントグリーンがしっくりいきました。

3,ワンポイントも面白い!

ネジの頭の色をワンポイントでつかっても面白い! 頭の色をつかって文字もできました!

4,他にもあった! 色合わせできる商品

5,ネジカラー一覧

この商品を詳しく見る

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#4705 (11) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(6) "ネジ" ["slug"]=> string(18) "%e3%83%8d%e3%82%b8" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(6) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [1]=> object(WP_Term)#4721 (11) { ["term_id"]=> int(24) ["name"]=> string(18) "エンジョイDIY" ["slug"]=> string(48) "%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a4diy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(24) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } } array(4) { [0]=> object(WP_Post)#4701 (24) { ["ID"]=> int(8437) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2021-05-28 10:49:54" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-05-28 01:49:54" ["post_content"]=> string(5066) "

マリン金具とは

マリン金具は船舶や運搬作業で使用される金物で、あらゆる場面で使われています。 用途別に大きく分類すると以下のようなものがあります。

固定金具 


 ロープやチェーンを固定するために使用される金具で壁や天井に取り付けます。

連結金具 


 ロープやチェーンと固定金具を連結させるために使用される金具です。

荷役金具 


 荷役作業で使用されることが多いことから「荷役金具」と呼ばれ、荷役作業以外にもあらゆるシーンで使用されます。

カラー化でより使いやすく

従来のシルバー色の金具では、金属感が強く、部屋の雰囲気やインテリアに馴染まないと感じることがあります。 その場合に、金具に色がつけば空間に馴染むおしゃれなアイテムに早変わりします。

手間どる作業はもういらない

 金属に手塗りやスプレーで色を塗ると、ペイント材を弾いたり、塗装が浮くことがあります。   作業工程も
  1. 脱脂 :金属表面の油分を取り除く
  2. 下地塗装・乾燥 : スプレー(プライマー)でシュッとして、15分以上乾燥させる
  3. 塗装・乾燥 : 刷毛やスプレーで何層にも分けて塗り、乾燥させる
など、時間や手間もかかります。 また、塗装をするための道具(塗料、プライマー、刷毛など)も必要です。 カラーマリン金具の場合、はじめから塗装しているのでそのような手間はいりません。

色と種類

お客様のご要望にお応えした、色々なものに合わせやすい3色



形状は色々なシーンで使いやすい16種類のラインナップ



使用シーン例


" ["post_title"]=> string(37) "カラーマリン金具ーIRODORIー" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(97) "%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e9%87%91%e5%85%b7%e3%83%bcirodori%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2021-06-10 16:43:44" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2021-06-10 07:43:44" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=8437" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4788 (24) { ["ID"]=> int(8005) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2021-03-22 18:09:22" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-03-22 09:09:22" ["post_content"]=> string(8549) "

庭も家も、あなたの、家族のプレイベート空間。

“With コロナ”“巣篭り”の毎日の中で、プライベート空間の演出が近頃見直されています。タイミングを合わせたつもりはないの ですが、今の時代にピッタリの商品を発売することになりました。その名も『フェンス金具』です。 外部の雑多な景色や視線を遮断し、庭で子どもたちのためにキャンプを催したり、在宅勤務の気分転換に庭でゆっくりとオープン カフェの気分を味わったり・・・。快適で自分らしい庭の演出ができる金具です。

フェンスの役割

敷地の境界を明確にしたり、視線を遮りプライバシーを守ったり、強い風を弱めて

騒音や人の侵入を防いだりするフェンスは、住宅や施設、工場、公園等の色々な場

所で使用されています。

フェンスの素材には大きく分けて 『アルミ形材』 『アルミ鋳物』 『人口木』

『スチール』 『樹脂』 などがありますが、隣地の境界ではコストメリットにより

スチール製のメッシュフェンスを選択することが多いかと思われます。

フェンス金具ってなに?

メッシュフェンスにプライベート空間づくり


メッシュフェンスは、開放感があり風通しが良く敷地内の植栽と 組み合わせて楽しむことができますが、その反面、外からは丸見 えになってしまいます・・・。 車や人通りが気になるので手軽にメッシュフェンスに目隠しをし プライベート空間をつくりたい・・・。 そんな時にフェンス金具が大活躍です! 既存のメッシュフェンスに簡単で綺麗に木材や波板等を取り付けて 目隠しをすることができます。  

フェンス金具の特徴は?

今までのお困りごとを解消

今までの取り付け方は・・・

上記のような方法で固定した場合には・・・ 左右のバランスが取りにくく見た目が悪かったり、雨等でサビが発生したり、紫外線によって切れてしまったり、留め付けた 素材の切った断面が危なかったり、等の色々な問題が考えられます・・・。 フェンス金具ならそのようなお困りごとを解消して、フェンスに綺麗で簡単に木材や波板を取り付けることができます。

どんなフェンスに使用できるの?

メッシュフェンス・ひし形フェンスの両方に対応してます。

取り付けも簡単 3ステップ

【 ステップ1 】 金具をフェンスに取り付ける。

【 ステップ2 】 金具に桟木を取り付ける。

【 ステップ3 】 目隠しを取り付ける。

詳しい取付方法はこちら

ステンレス製なのでサビにくい

金物と付属のボルト・ナットはステンレス製 (SUS304) なのでフェンスに取り付け後 もサビにくいので安心です。

使用シーン例

波板で目隠し・木材で目隠し


※ 桟木を横方向にして木材を縦方向に取り付けることも出来ます。

看板等もスッキリ取り付け


※ 看板に穴をあけて取り付けていますが、桟木を使用して取り付けることも出来ます。

" ["post_title"]=> string(18) "フェンス金具" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(54) "%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9%e9%87%91%e5%85%b7" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2021-06-10 16:44:55" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2021-06-10 07:44:55" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=8005" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4692 (24) { ["ID"]=> int(7777) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2020-12-21 15:19:53" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2020-12-21 06:19:53" ["post_content"]=> string(8007) "

木材の端部に打っても割れにくい!!


一般的なビスを木材の端部に打つと割れてしまった・・・という経験があるかと思います。 ドリルで下穴を開ければ割れずに打てますが、作業手間になってしまいます・・・。 そんな時に便利なビスがこの 『木waLess』 と 『木waLessスリム』 です!! 木材の端部に打っても非常に割れにくいので端部の割れを最小限に抑え、綺麗に仕上げることができ、 作業効率が格段にアップします。

本当に割れにくいの!? コーススレッドと比較!!

①インパクトドライバーを使用し コーススレッド と 木waLess の打ち込み比較を行いました。

DIYでよく使用される1×4木材の端部から5mm離した箇所に、コーススレッドと木waLessの65mmを打ち比べ てみました。

コーススレッドでは割れてしまいましたが、木waLessは全く割れなかった!



②さらに打つビス本数を増やして徹底比較を行いました。 上記と同条件で1×4木材の端部から5mm離した箇所にコーススレッド41mmと木waLess40mmを各10本づつ打ち比べてみました。  結果割れた本数は
コーススレッド 10/10本割れ
木waLess 0/10本割れ


(次のビスを打ち込む際は、前に打ち込んだビスを抜いておきました。) ※ ただし、端部との距離や斜め打ちや木材の種類などの諸条件により割れる恐れもあるので注意が必要です。

どうして割れにくいのか!? 木waLessと木waLessスリムの特徴は!?


□ 割れにくい秘密は先端部  先端部分がドリルのようになっています。この  ドリル部分が下穴を開ける役割を担っており、  割れを防止します。
  □ フレキ加工で仕上がりが綺麗  首下のフレキ加工で木材のバリを除去し綺麗に仕上げます
□ 引抜強度も抜群  先端部で下穴を開けるので引抜強度が下がるのでは?  と思われますがコーススレッドと同等の引抜強度があります。

 木waLessスリムを使って 『安価』 で 『簡単』 に作れる棚作りにチャレンジ!!

棚を作る際にどのように木と木を留めよう・・・と悩むことが多いと思われます。 例えばこちら

こちらはL字金物やT字金物を使った固定方法です。耐荷重に優れた作り方ですね。金物のデザインによっては、そのまま見せてもオシャレかもしれません。但し、金物をたくさん 使うとどんどん高価になってしまいます。 このような方法もあります。内側に角材を取り付けるすのこ式。

金物を使用するよりは安価になりますが角材の加工や取り付けが作業手間になってしまいます。 なので今回は 『安価』 で 『簡単』 に作れるビスだけの固定方法で棚を作りました。一般的なビスでは割れそうな木と木の留め付けかたでも割れなかった。

今回は棚を作りましたが、他にも色々なシーンで使用できるビスです。    " ["post_title"]=> string(30) "木waLess・木waLessスリム" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(66) "%e6%9c%a8waless%e3%83%bb%e6%9c%a8waless%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a0" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2020-12-22 09:43:20" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2020-12-22 00:43:20" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=7777" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4691 (24) { ["ID"]=> int(7677) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2020-10-20 10:31:09" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2020-10-20 01:31:09" ["post_content"]=> string(9370) "

圧倒的な打込速度で作業スピードが大幅アップ!!

木造住宅や家具などで木材を固定したり組み合わせる際にコーススレッドが多く使用されています。そんな時にコーススレッドよりも 『もっと速く打ちたい』『もっと楽に打ちたい』というお客様や現場の声から開発さたビスです。 ハイスピードビスの凄さは、コーススレッドより打ち込み速度が 約2倍 も速い!! (当社比)これで作業スピードが大幅アップ!! さらに低トルクで軽、堅木にも楽々打ち込めます。

ハイスピードビスって本当に速いの??  コーススレッドと徹底比較!!

比較検証1

インパクトドライバーでコーススレッドとハイスピードビスの打ち込み速度の比較を行いました。

結果、ハイスピードビスの方が 約2.5倍 速い!(当社比)



比較検証2

トルクアナライザーを使用し、打ち込み速度と打ち込みトルクの比較を行いました。 (トルクアナライザーとは、ねじ込み・締め付け特性を測定するための装置です)

打ち込み速度の比較結果

コーススレッド L65 7.3秒 ハイスピード L65 3.8秒
 

結果、ハイスピードビスの方が 約2倍 速い!!(当社比)


打ち込みトルクの比較結果



打ち込み時に締付仕事量をグラフの総面積で表しています。コーススレッドとハイスピードビスの締付仕事量 (総面積) を比較するとハイスピードビスは、コーススレッドよりも 約60% 少なくなりインパクトドライバーのバッテリー消耗を軽減できます。

実際にフル充電にした同じバッテリーを使用し、インパクトドライバーで打ち込み比較検証を行いました。



コーススレッド L65 90本打ち込めた ハイスピードビス L65 209本打ち込めた
結果、ハイスピードビスの方が 約2.3倍 バッテリーが長持ち!!(当社比)

ハイスピードビスの凄さの秘密!! コーススレッドとの違いや特徴は!?

1つ目の特徴

【粗めなピッチ】 隣り合うねじ山の距離をピッチといいねじが一回転したときに進む距離をリードといいます。同じ回転速度で比較すると、ピッチが粗い方が進む距離 (リード) が大きいので打ち込む速度も速くなります。

【2条ねじ】 1ピッチの間に1条の螺旋があることから1条ねじと呼ばれており、コーススレッドは1回転でピッチの距離だけ進みます。2条ねじのリードは1条ねじの2倍になるので同じ回転速度で比較すると、2条ねじの方が1回転で進む距離も2倍になるので打ち込む速度も速くなります。

2つ目の特徴

『特殊なワックス処理』 になります。ワックス処理により摩擦を軽減し、よりスムーズな打ち込みを実現しました。

" ["post_title"]=> string(24) "ハイスピードビス" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(72) "%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%93%e3%82%b9" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2020-10-28 11:55:21" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2020-10-28 02:55:21" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=7677" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

法人のお客様