公開日:2019.10.25

DH 土台あんしんプレート

安心して長く使える建物をつくるために

土台のめり込みを防ぎたい!

建物には、住宅、職場、店舗、公共施設など、日々建物で過ごすことが多い私たち。
建物を健全な状態に保つことが、私たちが健全な状態ですごせることでもあります。
例えば、建物の柱がめり込むと建具の変形や上階が傾くなど悪影響が生じます。
また、住宅の傾きが6/1000を超えると人体にも悪影響を与えます。
そこに、地震や台風などの大きな力が加わると、建物が壊れる場合もあります。
これらのことから、めり込み強度を算出し、めり込みの防止をする必要があります。

土台のめり込みとは

①建物だって荷が重い

めり込みとは、力をかけることで発生する現象です。力を抜いても元には戻りません。
建物には、めり込みを発生させる2種類の力が存在します。ひとつは、鉛直荷重です。
これは、建物に使用される材料と家具類、その場所を使用している人の重さです。
例えば、建坪20坪、床延40坪の場合、約40tの鉛直荷重がかかるそうです。
もうひとつは、水平荷重です。地震や台風などで発生します。



②荷重のかかり方

鉛直荷重は鉛直方向の部材、すなわち柱を中心とした縦部材にかかります。
水平荷重は水平方向の部材、梁を中心とした横部材にかかります。

柱と梁の役割

①梁とは
床や屋根の重さを支える構造部材です。
なぜ床が抜けないのか、それは梁が大きな役割を果たしているからです。
そして、地震や台風などの短期荷重に抵抗してくれます。
梁があるおかげで変形しにくいのです。
②柱とは
梁と接合されることで、建物全体の荷重を支える部材です。
梁は床の荷重を直接的に、柱は間接的に支えます。
すなわち、柱は建物全体の荷重を支えます。
そして、家具や材料、人の重さを支え、地震や台風の力を
直接、負担してくれます。
柱があるおかげで建物は壊れないのです。

 

めり込みに対する基準強度

一般的に土台へのめり込みが1mm~2.5mmほどであれば木材に破損は生じません。
表面上の繊維が破損して跡が残るのは5mm~10mmに達した後になります。
建物は毎日の荷重に耐え、突然くる災害の荷重にも耐えることが望まれます。
めり込みを軽減することは、私たちが健全に過ごせることでもあります。



木造の建物のためにできること

土台のめり込みを軽減するために

荷重がかかる面を広くすれば、めり込みが軽減できます。



こうして、開発されたのが、『DH 土台あんしんプレート』です。
一般的に柱の規格は105角と120角です。
105角には、幅190mm、120角に205mm。厚板の施工性の良いプレートで対応します。



土台あんしんプレートの特徴

ダイドーハントが考えた従来にない画期的な商品です。

①ホールダウン用の開口穴でホールダウン固定箇所に取付け可能です。

アンカーボルト用の開口穴があることにより、10kNを超えた場合のホールダウンの使用が可能です。
そして、開口部が偏芯しているので、表裏で使うことができ、適用範囲を広くとれます。



②開口穴に10kN仕口金物のDHクランクコーナー10大地を取付け可能です。

③枠材(30mm)仕様にも対応しています!

 

この商品を購入する、詳しく見る

法人のお客様