公開日:2020.12.21

木waLess・木waLessスリム

木が割れない?割れにくい?木waLess

木材の端部に打っても割れにくい!!


一般的なビスを木材の端部に打つと割れてしまった・・・という経験があるかと思います。

ドリルで下穴を開ければ割れずに打てますが、作業手間になってしまいます・・・。

そんな時に便利なビスがこの 『木waLess』 と 『木waLessスリム』 です!!

木材の端部に打っても非常に割れにくいので端部の割れを最小限に抑え、綺麗に仕上げることができ、

作業効率が格段にアップします。

本当に割れにくいの!? コーススレッドと比較!!

①インパクトドライバーを使用し コーススレッド と 木waLess の打ち込み比較を行いました。



DIYでよく使用される1×4木材の端部から5mm離した箇所に、コーススレッドと木waLessの65mmを打ち比べ

てみました。



コーススレッドでは割れてしまいましたが、木waLessは全く割れなかった!



②さらに打つビス本数を増やして徹底比較を行いました。

上記と同条件で1×4木材の端部から5mm離した箇所にコーススレッド41mmと木waLess40mmを各10本づつ打ち比べてみました。

 結果割れた本数は

コーススレッド 10/10本割れ
木waLess 0/10本割れ



(次のビスを打ち込む際は、前に打ち込んだビスを抜いておきました。)

※ ただし、端部との距離や斜め打ちや木材の種類などの諸条件により割れる恐れもあるので注意が必要です。

どうして割れにくいのか!? 木waLessと木waLessスリムの特徴は!?


□ 割れにくい秘密は先端部

 先端部分がドリルのようになっています。この

 ドリル部分が下穴を開ける役割を担っており、

 割れを防止します。

 

□ フレキ加工で仕上がりが綺麗

 首下のフレキ加工で木材のバリを除去し綺麗に仕上げます

□ 引抜強度も抜群

 先端部で下穴を開けるので引抜強度が下がるのでは?

 と思われますがコーススレッドと同等の引抜強度があります。

 木waLessスリムを使って 『安価』 で 『簡単』 に作れる棚作りにチャレンジ!!

棚を作る際にどのように木と木を留めよう・・・と悩むことが多いと思われます。

例えばこちら



こちらはL字金物やT字金物を使った固定方法です。耐荷重に優れた作り方ですね。金物のデザインによっては、そのまま見せてもオシャレかもしれません。但し、金物をたくさん

使うとどんどん高価になってしまいます。

このような方法もあります。内側に角材を取り付けるすのこ式。



金物を使用するよりは安価になりますが角材の加工や取り付けが作業手間になってしまいます。

なので今回は 『安価』 で 『簡単』 に作れるビスだけの固定方法で棚を作りました。一般的なビスでは割れそうな木と木の留め付けかたでも割れなかった。



今回は棚を作りましたが、他にも色々なシーンで使用できるビスです。

 

 

この商品を詳しく見る

array(4) { [0]=> object(WP_Term)#4704 (11) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(9) "新商品" ["slug"]=> string(27) "%e6%96%b0%e5%95%86%e5%93%81" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(6) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [1]=> object(WP_Term)#4705 (11) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(6) "ネジ" ["slug"]=> string(18) "%e3%83%8d%e3%82%b8" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(6) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [2]=> object(WP_Term)#4733 (11) { ["term_id"]=> int(24) ["name"]=> string(18) "エンジョイDIY" ["slug"]=> string(48) "%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a4diy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(24) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [3]=> object(WP_Term)#4732 (11) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(11) "PRO&DIY" ["slug"]=> string(6) "prodiy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } } array(4) { [0]=> object(WP_Post)#4708 (24) { ["ID"]=> int(8719) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2021-10-26 10:18:49" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-10-26 01:18:49" ["post_content"]=> string(6859) "2x4材、1x4材はDIYをするときによく使われている木材です。これらの木材を使って工作をする前に“罫書(けがき)”という作業があります。これは、木材を加工するためにつける印で、さしがねなどを使って行われる作業です。 今回は、さしがねより簡単に線引きや、釘、ビスの留め位置が設定できる『2x4・1x4材専用定規』の紹介です。

特徴


木材への線引きを高精度で簡単かつ、スピーディに行えます。 また、釘やビスの留め位置ガイドもあるので、綺麗にビス打 ちができ、面倒な計算などが不要になります。

時間短縮


2x4材、1x4材の切断や加工する際は、計算し、さしがねを使い線引きをします。 この2x4・1x4材専用定規は、木材に引っ掛けるだけで線引きができるので、DIYの時間短縮になります。 使い慣れてくると、この定規一つで複雑な線引きができる便利なアイテムです。

使い方


①真っ直ぐな線引きができる。


木材にセットするだけで、真っ直ぐな線引きができます。

②45度の線引きができる。



定規に表示されているガイドの点や線に印を付けたあと、 定規で結んで線引きができます。

③釘やビスの打込み位置の印がつけれます。




釘やビスの打込み位置が簡単に決めれます。端から寸法を測ることなくバランスの良い打込み位置が設定できます。

④木材同士の組位置が決めれます。



接合場所に線引きすることで、簡単に組み立てれます。



ビス穴ガイドでビスの打込み位置が決めれるので、ビス打ちが簡単にできます。

⑤1/2、1/3、1/4の継手線引きができます。



継手の切り込み部分も2x4・1x4専用定規だけで測りながら線引きできます。(※継手とは・・・家具や建具を作る際に木材と木材を刻み加工して接合すること)


三枚組み手も四枚組み手の線引きも簡単です。

⑥木口や側面に中心線が引けます。



定規を当てるだけで中心がわかります。空いている穴に印を付けて線を引くと、中心点や中心線が書けます。



中心線が引けることにより、木材の掻き込みができます。



ほぞ継もできます。

 

是非ご利用いただいてアイデア満載の品々を作るときの道具にお加えください。

 " ["post_title"]=> string(25) "2x4・1x4専用定規" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(67) "2%ef%bd%984%e3%83%bb1%ef%bd%984%e5%b0%82%e7%94%a8%e5%ae%9a%e8%a6%8f" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2021-10-26 10:52:14" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2021-10-26 01:52:14" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=8719" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4707 (24) { ["ID"]=> int(7208) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2021-10-25 11:04:28" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-10-25 02:04:28" ["post_content"]=> string(12061) "

パーテーションをプラビスと木材で作ってみました!

世界中で猛威を振るう脅威の新型コロナ感染症 (Covid-19)。 既に感染が拡大したアメリカやヨーロッパ、中国でもスーパーマーケットのレジ従業員とお客様との間に透明アクリル板でパーテーションを設置している事例が多く見られます。 日本でも公共機関をはじめ、飲食店等でのパーテーションの導入やスーパーマーケット、コンビニエンスストアのレジでは、透明のシートを天井にテープやホッチキス等で止めたりして飛沫感染リスクを低減させる対策がおこなわれています。 そんな中、当社でも『三密を避ける』や『ソーシャルディスタンス (社会的距離) を保つ』、 『咳エチケットを守る』、『ステイホーム』といった対策に取り組む中で、事務所用のパーテーションを簡単に作製出来ないかと考え、プラビスと木材を使ってダイドーハントモデルのパーテーションを作ってみました!! 理化学研究所や京都工芸繊維大などの研究チームは開発中の次世代スーパーコンピューター「富岳」を使い、オフィスなどで飛沫が拡散する状況などを予測した結果では、床から120㎝のパーテーションでは向かいの席の人に大量の飛沫がかかった。140㎝以上のパーテーションでは飛沫が10分の1に減った。隣や斜め向かいは飛沫が減少すると報告されています。 ダイドーハントモデルは床から160㎝に設定してみました。 新商品のプラビスを使用すれば、容易にダイドーハントモデルのようなパーテーションを作製することができます。 パーテーションといえばアクリル板をイメージされる方も多いですが、今回は安価な塩ビ板を使用して作製してみました。

手軽に作製できるパーテーションはこちらです。木のぬくもりを感じられるデザインになりました。

ポリカ製の波板とショート連結波板ビスでもパーテーションを作ってみました。

パーテーションは飛沫感染対策だけでなく、視界を遮ることで業務に集中できるため、 飲食店やオフィスだけでなく在宅勤務でも快適な空間を作ることができます。
ショート連結波板ビスはこちら

今回使用したプラビスとは?

  生活雑貨、キッチン用品など私たちの周りにはプラスチック製品が溢れています。 プラビスはプラスチック製品を家の柱や木材で作ったDIY用品、木製家具などにカンタンに留め付けることが出来るビスです。
透明感のあるプラスチックはアクリルや塩ビ、PET等があります。 どれも透明なので区別がつきにくいですが、アクリルは特に透明度が高いですが高価となります。 今回は安価で耐アルコール性、耐衝撃性、耐熱性が高いPETを使用しました。
  透明度 価格 耐アルコール性 耐衝撃性 耐熱性
塩ビ ×
PET
アクリル やや高 ×
ポリカ ×
※上記表はあくまで参考で各メーカーの商品により差があります。

プラビスはこんなシーンで使用できます!





こんなに凄い!? プラビスの特徴

□ 特徴① 割れやすいアクリル板でも、特殊な先端形状で板を削ることにより、下穴なしでも割れず、 亀裂も入りません。 注1:アクリル板に打ち込む際、荷重をかけすぎると割れる恐れがあります。
                                           
  □ 特徴② 板に打ち込む際に出る削りカスが取れやすく、仕上がりも綺麗です。
    □特徴③ 厚さ5mmのプラスチック製品まで対応しているので、色々なプラスチック製品を取り付けることが可能です。 注2:海外製等、一部下穴が必要な場合もあります。 注3:打ち込む際は、プラスチック製品の端から10mm以上あけてください。 " ["post_title"]=> string(12) "プラビス" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(6) "plavis" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2021-10-26 13:45:48" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2021-10-26 04:45:48" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=7208" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4706 (24) { ["ID"]=> int(6820) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2021-09-13 10:02:17" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-09-13 01:02:17" ["post_content"]=> string(5211) "

【ポリカ連結波板ビスに新たな仲間が登場!】

高所作業で便利に使われている連結タイプの「ポリカ連結波板ビス・木下地」と、合板下地に最適な 「ショート連結波板ビス」を3年前に発売し、この度、新たに「ポリカ連結波板ビス 鋼製下地・アルミ下地用」を 発売いたしました!木下地用、合板下地用、鋼製下地・アルミ下地用と、波板を取付けるそれぞれの 下地に合わせて使えるラインナップをご紹介します。

【ポリカ連結波板ビスの特徴】

持ち運びやすい12連結

ビス同士をスポンジによって連結することにより、持ち運びやすくなり、高所作業時での落下を防ぎます。
 
 

互換性のある十字穴ビット#2

従来の波板取付ビス 鋼製下地・アルミ下地用は六角ビットでしたが、 連結ビスは木下地用と同じ汎用的な十字穴ビット#2にすることにより、 ビット付け替えの必要がない波板ビスです。

【ポリカ連結波板ビスを使って体感!】

作業性の良さを体感するために、ポリカ連結波板ビスを使ってサイクルポート(アルミ下地)、 スクラップ置場(木下地)、物置小屋の天窓(合板下地)を作りました。

アルミ下地のサイクルポートの屋根

持ち運びやすいためバラバラと落下することもなく、十字穴ビット#2でスムーズに作業ができました。

木下地のスクラップ置場の屋根

ビットを替えることなく木材と波板を締結することができました。

合板で作った物置小屋の天窓(明り取り)

物置小屋の中は暗く、天窓(明り取り)をつけるためにショート連結波板ビスを使いました。 ポリカ波板の谷深さは9mm、構造用合板の厚みは12mm、波板ビスのパッキンや座金の厚みを含めると 23mm以上となり、ビス長さ23mmのショート連結波板ビスで合板を突き抜けることなく止付けることができました。 また、ショート連結波板ビスの引抜強度は、傘釘41mmと同等以上(当社比)で、合板以外でも安心して使用できます。
" ["post_title"]=> string(27) "ポリカ連結波板ビス" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(24) "porikarenketunamiitabisu" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2021-09-14 10:03:31" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2021-09-14 01:03:31" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=6820" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4520 (24) { ["ID"]=> int(8437) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2021-05-28 10:49:54" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-05-28 01:49:54" ["post_content"]=> string(5066) "

マリン金具とは

マリン金具は船舶や運搬作業で使用される金物で、あらゆる場面で使われています。 用途別に大きく分類すると以下のようなものがあります。

固定金具 


 ロープやチェーンを固定するために使用される金具で壁や天井に取り付けます。

連結金具 


 ロープやチェーンと固定金具を連結させるために使用される金具です。

荷役金具 


 荷役作業で使用されることが多いことから「荷役金具」と呼ばれ、荷役作業以外にもあらゆるシーンで使用されます。

カラー化でより使いやすく

従来のシルバー色の金具では、金属感が強く、部屋の雰囲気やインテリアに馴染まないと感じることがあります。 その場合に、金具に色がつけば空間に馴染むおしゃれなアイテムに早変わりします。

手間どる作業はもういらない

 金属に手塗りやスプレーで色を塗ると、ペイント材を弾いたり、塗装が浮くことがあります。   作業工程も
  1. 脱脂 :金属表面の油分を取り除く
  2. 下地塗装・乾燥 : スプレー(プライマー)でシュッとして、15分以上乾燥させる
  3. 塗装・乾燥 : 刷毛やスプレーで何層にも分けて塗り、乾燥させる
など、時間や手間もかかります。 また、塗装をするための道具(塗料、プライマー、刷毛など)も必要です。 カラーマリン金具の場合、はじめから塗装しているのでそのような手間はいりません。

色と種類

お客様のご要望にお応えした、色々なものに合わせやすい3色



形状は色々なシーンで使いやすい16種類のラインナップ



使用シーン例


" ["post_title"]=> string(37) "カラーマリン金具ーIRODORIー" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(97) "%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e9%87%91%e5%85%b7%e3%83%bcirodori%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2021-06-10 16:43:44" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2021-06-10 07:43:44" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=8437" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

法人のお客様