公開日:2019.03.20

ロール連結ビス 鋼製下地木下地兼用

大工さ~ん!石膏ボードビスがさらに便利になりました!

1,下地は木材だけじゃない?

木造住宅の下地に石膏ボードを留めつけるために専用ビスを使用しますが、
下地といってもその骨組みは鉄や木材など、さまざまな材質が使われています。
写真のように、天井が鋼製下地、壁が木下地の場合は兼用のビスを使って
いただくことで打ち分けをする必要がなくなり、作業性がアップします。
また木造住宅のみならず、ビルや店舗などの鋼製下地の場合にも利用していただけます。

木下地用

鋼製下地木下地兼用

・・・・高低2条ねじ山が鋼製下地にも対応!

2,125本巻がなぜ便利?

こんなに重いビス打ち機で作業する!

ロール連結ビスは戸建住宅1棟で約6~8箱(12,000~16,000本)を使用することになります。
12,000本を従来の100本巻で使用する場合、ビス打ち機に装填する回数は120回、125本巻の場合は
96回となり、24回(20%)のビスの交換の手間を省くことができます。

石膏ボードビスを留め付ける基本


910mm x 2420mm 2枚を1巻(125本)で留め付けることができる!

3,ビスの色が違うのはナゼ?

  • カラービス・・・サイズによって色が違うため、打ち間違い防止や、施工後に長さを確認することができます。
  • クロムフリー・・・クロムフリーの高耐食表面処理をほどこしています(RoHS指令対応)

4,国土交通大臣認定品について

●国土交通大臣認定について

1-1木造軸組壁工法

性能評価の区分:建築基準法施行令第46条第4項の表1の(八)項の認定に係わる性能評価
厚12.5mmせっこうボード/ねじ3928HL,3932HL,3941HL/外周部@150mm、中通り@150mm/大壁造の床勝ち仕様/木造軸組耐力壁
壁倍率:1.1倍

1-2木造軸組準耐力壁

評価方法基準(平成13年国土交通省告示1347号(最終改正:平成28年12月21日国土交通省告示第683号))
第5の1-1(3)ホ①表1の(1)欄
特別評価方法の内容:「木造の準耐力壁の構造方法に係る試験ガイドライン、一般社団法人 住宅性能評価・表示協会、
平成26年9月10日制定」による
評価されるべき性能表示事項:
1-1 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
1-2 耐震等級(構造躯体の損傷防止)
1-4 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)
準耐力壁の倍率:
評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号(最終改正 平成27年5月29日国土交通省告示第683号))
第5の1-1(3)ホ①表1の(1)欄に掲げる部分。
0.63に壁高さの横架材内法寸法に対する比を乗じた値。

1-3木造枠組壁工法耐力壁

性能評価の区分:建築基準法施行規則第8条の3の認定に係わる評価
厚12.5mmせっこうボード/ねじ3928HL,3932HL,3941HL/外周部@100mm、中通り@200mm/枠組壁工法耐力壁
壁倍率:1.4倍

◆国土交通省大臣認定取得概要

この商品を購入する、詳しく見る

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#4740 (11) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(9) "新商品" ["slug"]=> string(27) "%e6%96%b0%e5%95%86%e5%93%81" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(4) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [1]=> object(WP_Term)#4793 (11) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(3) "PRO" ["slug"]=> string(3) "pro" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(2) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } } array(4) { [0]=> object(WP_Post)#4786 (24) { ["ID"]=> int(6820) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2020-05-08 11:31:17" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2020-05-08 02:31:17" ["post_content"]=> string(5211) "

【ポリカ連結波板ビスに新たな仲間が登場!】

高所作業で便利に使われている連結タイプの「ポリカ連結波板ビス・木下地」と、合板下地に最適な 「ショート連結波板ビス」を3年前に発売し、この度、新たに「ポリカ連結波板ビス 鋼製下地・アルミ下地用」を 発売いたしました!木下地用、合板下地用、鋼製下地・アルミ下地用と、波板を取付けるそれぞれの 下地に合わせて使えるラインナップをご紹介します。

【ポリカ連結波板ビスの特徴】

持ち運びやすい12連結

ビス同士をスポンジによって連結することにより、持ち運びやすくなり、高所作業時での落下を防ぎます。
 
 

互換性のある十字穴ビット#2

従来の波板取付ビス 鋼製下地・アルミ下地用は六角ビットでしたが、 連結ビスは木下地用と同じ汎用的な十字穴ビット#2にすることにより、 ビット付け替えの必要がない波板ビスです。

【ポリカ連結波板ビスを使って体感!】

作業性の良さを体感するために、ポリカ連結波板ビスを使ってサイクルポート(アルミ下地)、 スクラップ置場(木下地)、物置小屋の天窓(合板下地)を作りました。

アルミ下地のサイクルポートの屋根

持ち運びやすいためバラバラと落下することもなく、十字穴ビット#2でスムーズに作業ができました。

木下地のスクラップ置場の屋根

ビットを替えることなく木材と波板を締結することができました。

合板で作った物置小屋の天窓(明り取り)

物置小屋の中は暗く、天窓(明り取り)をつけるためにショート連結波板ビスを使いました。 ポリカ波板の谷深さは9mm、構造用合板の厚みは12mm、波板ビスのパッキンや座金の厚みを含めると 23mm以上となり、ビス長さ23mmのショート連結波板ビスで合板を突き抜けることなく止付けることができました。 また、ショート連結波板ビスの引抜強度は、傘釘41mmと同等以上(当社比)で、合板以外でも安心して使用できます。
" ["post_title"]=> string(27) "ポリカ連結波板ビス" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(24) "porikarenketunamiitabisu" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2020-05-28 15:19:03" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2020-05-28 06:19:03" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=6820" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4785 (24) { ["ID"]=> int(6516) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2019-10-25 16:20:51" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2019-10-25 07:20:51" ["post_content"]=> string(7419) "

土台のめり込みを防ぎたい!

建物には、住宅、職場、店舗、公共施設など、日々建物で過ごすことが多い私たち。 建物を健全な状態に保つことが、私たちが健全な状態ですごせることでもあります。 例えば、建物の柱がめり込むと建具の変形や上階が傾くなど悪影響が生じます。 また、住宅の傾きが6/1000を超えると人体にも悪影響を与えます。 そこに、地震や台風などの大きな力が加わると、建物が壊れる場合もあります。 これらのことから、めり込み強度を算出し、めり込みの防止をする必要があります。

土台のめり込みとは

①建物だって荷が重い

めり込みとは、力をかけることで発生する現象です。力を抜いても元には戻りません。 建物には、めり込みを発生させる2種類の力が存在します。ひとつは、鉛直荷重です。 これは、建物に使用される材料と家具類、その場所を使用している人の重さです。 例えば、建坪20坪、床延40坪の場合、約40tの鉛直荷重がかかるそうです。 もうひとつは、水平荷重です。地震や台風などで発生します。
           

②荷重のかかり方

鉛直荷重は鉛直方向の部材、すなわち柱を中心とした縦部材にかかります。 水平荷重は水平方向の部材、梁を中心とした横部材にかかります。

柱と梁の役割

①梁とは 床や屋根の重さを支える構造部材です。 なぜ床が抜けないのか、それは梁が大きな役割を果たしているからです。 そして、地震や台風などの短期荷重に抵抗してくれます。 梁があるおかげで変形しにくいのです。 ②柱とは 梁と接合されることで、建物全体の荷重を支える部材です。 梁は床の荷重を直接的に、柱は間接的に支えます。 すなわち、柱は建物全体の荷重を支えます。 そして、家具や材料、人の重さを支え、地震や台風の力を 直接、負担してくれます。 柱があるおかげで建物は壊れないのです。  

めり込みに対する基準強度

一般的に土台へのめり込みが1mm~2.5mmほどであれば木材に破損は生じません。 表面上の繊維が破損して跡が残るのは5mm~10mmに達した後になります。 建物は毎日の荷重に耐え、突然くる災害の荷重にも耐えることが望まれます。 めり込みを軽減することは、私たちが健全に過ごせることでもあります。

木造の建物のためにできること

土台のめり込みを軽減するために

荷重がかかる面を広くすれば、めり込みが軽減できます。

こうして、開発されたのが、『DH 土台あんしんプレート』です。 一般的に柱の規格は105角と120角です。 105角には、幅190mm、120角に205mm。厚板の施工性の良いプレートで対応します。  
     

土台あんしんプレートの特徴

ダイドーハントが考えた従来にない画期的な商品です。 ①ホールダウン用の開口穴でホールダウン固定箇所に取付け可能です。 アンカーボルト用の開口穴があることにより、10kNを超えた場合のホールダウンの使用が可能です。 そして、開口部が偏芯しているので、表裏で使うことができ、適用範囲を広くとれます。

②開口穴に10kN仕口金物のDHクランクコーナー10大地を取付け可能です。
  ③枠材(30mm)仕様にも対応しています!  
" ["post_title"]=> string(39) "DH 土台あんしんプレート" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(117) "%ef%bd%84%ef%bd%88%e3%80%80%e5%9c%9f%e5%8f%b0%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%93%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2020-01-17 10:10:11" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2020-01-17 01:10:11" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=6516" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4784 (24) { ["ID"]=> int(5920) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2019-05-24 08:55:41" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2019-05-23 23:55:41" ["post_content"]=> string(4863) "

今まで木工造作で、こんな事で困った時はありませんか?

気になる 「頭浮き」 「めり込み」 を解消します!

10.5mmの大きな頭 ・・・一般的なビスと比べて頭が大きく、          木材へのめり込みをなくし、          スッキリとおさまります。 ☆木材へのめり込み 80%軽減!                                (当社コーススレッド比)
フラットな首下 ・・・ラッパ頭や皿頭と違い、首下が          フラット形状になっているので、          頭浮きを防ぎます。 ☆引き抜き強度・せん断強度                            20%アップ!                                (当社コーススレッド比)  

3色カラー・8サイズで使うシーンがいっぱい!

金具はユニクロメッキやステンレス以外に、 黒色や白色の塗装している金具がたくさんあります。 「おさえ上手」は、「黒頭」 「白頭」 「ユニクロめっき」 をご用意いたしました。  
薄いプリント合板をとめつける時には13mm、 2x4の木材同士を組み立てる時には65mmまで、 「おさえ上手」は、全8サイズご用意いたしました。    (13mm・17・21・25・32・40・50・65mm)  

使いやすさを追求した3つの特徴!

 


ねじ部にセレーション加工・先端に足割れ加工をほどこしていますので、 ストレスなく打ち込む事ができ、木割れを防ぐ効果があります。

" ["post_title"]=> string(15) "おさえ上手" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%81%8a%e3%81%95%e3%81%88%e4%b8%8a%e6%89%8b%ef%bc%88%e6%9c%a8%e5%b7%a5%e7%94%a8%e9%80%a0%e4%bd%9c%e3%83%93%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%af%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2020-01-17 10:13:59" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2020-01-17 01:13:59" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=5920" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4783 (24) { ["ID"]=> int(5529) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2019-03-20 10:22:09" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2019-03-20 01:22:09" ["post_content"]=> string(5099) "

1,下地は木材だけじゃない?

[one_half padding="0 15px 0 0"] [/one_half] [one_half_last] 木造住宅の下地に石膏ボードを留めつけるために専用ビスを使用しますが、 下地といってもその骨組みは鉄や木材など、さまざまな材質が使われています。 写真のように、天井が鋼製下地、壁が木下地の場合は兼用のビスを使って いただくことで打ち分けをする必要がなくなり、作業性がアップします。 また木造住宅のみならず、ビルや店舗などの鋼製下地の場合にも利用していただけます。 [/one_half_last] [one_half padding="0 15px 0 0"]

木下地用

[/one_half] [one_half_last]

鋼製下地木下地兼用

[/one_half_last] ・・・・高低2条ねじ山が鋼製下地にも対応!

2,125本巻がなぜ便利?

こんなに重いビス打ち機で作業する!

ロール連結ビスは戸建住宅1棟で約6~8箱(12,000~16,000本)を使用することになります。 12,000本を従来の100本巻で使用する場合、ビス打ち機に装填する回数は120回、125本巻の場合は 96回となり、24回(20%)のビスの交換の手間を省くことができます。

石膏ボードビスを留め付ける基本

910mm x 2420mm 2枚を1巻(125本)で留め付けることができる!

3,ビスの色が違うのはナゼ?

4,国土交通大臣認定品について

●国土交通大臣認定について

1-1木造軸組壁工法

性能評価の区分:建築基準法施行令第46条第4項の表1の(八)項の認定に係わる性能評価 厚12.5mmせっこうボード/ねじ3928HL,3932HL,3941HL/外周部@150mm、中通り@150mm/大壁造の床勝ち仕様/木造軸組耐力壁 壁倍率:1.1倍

1-2木造軸組準耐力壁

評価方法基準(平成13年国土交通省告示1347号(最終改正:平成28年12月21日国土交通省告示第683号)) 第5の1-1(3)ホ①表1の(1)欄 特別評価方法の内容:「木造の準耐力壁の構造方法に係る試験ガイドライン、一般社団法人 住宅性能評価・表示協会、 平成26年9月10日制定」による 評価されるべき性能表示事項: 1-1 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止) 1-2 耐震等級(構造躯体の損傷防止) 1-4 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止) 準耐力壁の倍率: 評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号(最終改正 平成27年5月29日国土交通省告示第683号)) 第5の1-1(3)ホ①表1の(1)欄に掲げる部分。 0.63に壁高さの横架材内法寸法に対する比を乗じた値。

1-3木造枠組壁工法耐力壁

性能評価の区分:建築基準法施行規則第8条の3の認定に係わる評価 厚12.5mmせっこうボード/ねじ3928HL,3932HL,3941HL/外周部@100mm、中通り@200mm/枠組壁工法耐力壁 壁倍率:1.4倍

◆国土交通省大臣認定取得概要

" ["post_title"]=> string(51) "ロール連結ビス 鋼製下地木下地兼用" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(153) "%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e9%80%a3%e7%b5%90%e3%83%93%e3%82%b9%e3%80%80%e9%8b%bc%e8%a3%bd%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e6%9c%a8%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e5%85%bc%e7%94%a8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2019-10-25 16:28:38" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2019-10-25 07:28:38" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=5529" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

法人のお客様