公開日:2021.05.28

カラーマリン金具ーIRODORIー

見せる金物でワンランク上のおしゃれに。

マリン金具とは

マリン金具は船舶や運搬作業で使用される金物で、あらゆる場面で使われています。
用途別に大きく分類すると以下のようなものがあります。

固定金具 


 ロープやチェーンを固定するために使用される金具で壁や天井に取り付けます。


連結金具 


 ロープやチェーンと固定金具を連結させるために使用される金具です。


荷役金具 


 荷役作業で使用されることが多いことから「荷役金具」と呼ばれ、荷役作業以外にもあらゆるシーンで使用されます。


カラー化でより使いやすく

従来のシルバー色の金具では、金属感が強く、部屋の雰囲気やインテリアに馴染まないと感じることがあります。

その場合に、金具に色がつけば空間に馴染むおしゃれなアイテムに早変わりします。


手間どる作業はもういらない

 金属に手塗りやスプレーで色を塗ると、ペイント材を弾いたり、塗装が浮くことがあります。
 
作業工程も

  1. 脱脂 :金属表面の油分を取り除く
  2. 下地塗装・乾燥 : スプレー(プライマー)でシュッとして、15分以上乾燥させる
  3. 塗装・乾燥 : 刷毛やスプレーで何層にも分けて塗り、乾燥させる

など、時間や手間もかかります。

また、塗装をするための道具(塗料、プライマー、刷毛など)も必要です。
カラーマリン金具の場合、はじめから塗装しているのでそのような手間はいりません。

色と種類

お客様のご要望にお応えした、色々なものに合わせやすい3色



形状は色々なシーンで使いやすい16種類のラインナップ



使用シーン例


この商品を詳しく見る

array(5) { [0]=> object(WP_Term)#4780 (11) { ["term_id"]=> int(24) ["name"]=> string(18) "エンジョイDIY" ["slug"]=> string(48) "%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a4diy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(24) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [1]=> object(WP_Term)#4781 (11) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(11) "PRO&DIY" ["slug"]=> string(6) "prodiy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [2]=> object(WP_Term)#4782 (11) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(3) "PRO" ["slug"]=> string(3) "pro" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(4) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [3]=> object(WP_Term)#4783 (11) { ["term_id"]=> int(32) ["name"]=> string(24) "暮らしのデザイン" ["slug"]=> string(72) "%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ae%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(32) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } [4]=> object(WP_Term)#4784 (11) { ["term_id"]=> int(35) ["name"]=> string(15) "おうち時間" ["slug"]=> string(45) "%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%a1%e6%99%82%e9%96%93" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(35) ["taxonomy"]=> string(10) "topics_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(4) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" } } array(4) { [0]=> object(WP_Post)#4778 (24) { ["ID"]=> int(9659) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2022-11-28 11:21:44" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-11-28 02:21:44" ["post_content"]=> string(5628) "

傷跡が残りにくい粘着シート

今回弊社が販売する『粘着シート』は跡残りがしにくい『3R GEL』という素材になっています。

3R GELとは

『3R GEL』は特殊高分子技術を活かしたポリウレタン系の素材です。数千万個の吸盤分子により、強い粘着力を発揮します。繰り返し使用可能で、壁を傷つけにくく跡が残りにくい粘着シートです。

傷を付けたくない



収納の工夫や部屋の飾り付けなどを施すときに悩むのが「相手材を傷つけないようにする」ことです。 ビス穴や粘着跡などが取り外した後に残るのは見た目も気になります。

DIY女子のアイデア→使い方

無傷のキッチンパネル



リボべジBOXとタブレットをキッチンパネルに取り付けました。 取り付けるのにビスや金物は使用していません。取り外しても傷は残っていません。

リボべジBOX



ホームセンターで木材をカット。背面の4mmのボルト穴2箇所、底面に水切り穴を3箇所開けてもらいました。ビス打ちでリボべジBOXを作り、ねじ付粘着シートをはめてナットで固定します。 キッチンパネルの汚れをキレイに取り除いて乾燥させた後に、リボべジBOXをパネルにギュッと押し付け、しっかり密着させて完成です。

タブレット



とっても便利なタブレット。動画を見たり、料理のレシピを見たりと大活躍ですが、キッチンでの置き場所には困ります。水濡れや熱、すぐに確認したいなど、気になることはいろいろあります。 そんな時に役立つのが『くっついて離せる粘着パット』です。粘着シートに面ファスナーを使用した商品です。置き場所も確保でき、取り外しも簡単、キッチン以外で使用したいときも持ち運びができます。

生活感のでないおしゃれな演出

「こんなのを探していたの!」と社内のDIY女子が、新商品の『粘着シート』を使って『リボべジBOX』を作ってくれました。 この『リボべジBOX』は再生野菜ができるものです。ふだん捨ててしまう野菜の根などを利用して、もう一度食べることができるように育てる箱のことだそうです。 キッチンパネルを傷つけずに取り付け、取り外しができるので大変喜んでいただきました。

ラインナップ



粘着フックはこちら 粘着収納ボックスはこちら マグネットがくっつく粘着シートはこちら マグネットがくっつく粘着パットはこちら くっついて離せる粘着パットはこちら 粘着ロールはこちら ねじ付粘着シートはこちら ナット付粘着シートはこちら" ["post_title"]=> string(15) "粘着シート" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(45) "%e7%b2%98%e7%9d%80%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-11-29 08:41:33" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-11-28 23:41:33" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=9659" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4787 (24) { ["ID"]=> int(9555) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2022-10-05 09:20:31" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-10-05 00:20:31" ["post_content"]=> string(4577) "

【家にある見えにくい段差】


家は時間が経つにつれて、構造に歪みが生じる場合があります。床の前後左右にほんの少しの段差が 生じてくると、家具に歪みやガタつき、扉の開閉が困難になるなどの不具合が発生しやすくなります。 またリフォームの際は、窓枠に段差や歪みがあると内窓を取り付ける際に隙間が発生し、防音や断熱 等の性能が低下します。

【家具のガタツキ】


家具がガタついたり、扉の位置がズレる大きな理由の一つとして家具と床との高低が合っていないこと が挙げられます。段差があると、ガタついたり、扉の開閉がスムーズに行えなかったりと、使い心地の 悪い思いをします。

隙間スペーサーで解決

家具のガタつきや扉の開閉の調整で活躍するのが『隙間スペーサー』です。樹脂で出来ているのでクッション性があり、ハサミで必要なサイズにカット することができます。

※豆知識:高低差を調整する場所

●2枚扉の場合 ・右側がガタついたり、扉が下がっている場合:右の前か左の後ろで調整します。 ・左側がガタついたり、扉が下がっている場合:左の前か右の後ろで調整します。 ●1枚扉の場合 ・右開きの場合:右の前か左の後ろで調整します。 ・左開きの場合:左の前か右の後ろで調整します。
 

【建築現場での隙間調整】

窓やドア等を付け替えるときに、枠に歪みがあると窓やドアがはめ込めません。そのようなときに隙間を調整する部材としても使用します。

※建築現場では枠だけでなく不陸調整等の様々なシーンでも使用可能です。

【隙間スペーサーの特徴】


①ミシン目が90mm幅であるので、手で簡単に切れます。
②端部を面取りしているので、入れ込みがスムーズにできます。

③必要なサイズにハサミでカットできます。
④カラーで厚みが識別できます。
【注意点】 ※基礎や土台用パッキンとして使用しないでください。" ["post_title"]=> string(21) "隙間スペーサー" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(63) "%e9%9a%99%e9%96%93%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-10-26 10:11:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-10-26 01:11:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=9555" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4800 (24) { ["ID"]=> int(9302) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2022-07-19 11:52:36" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-07-19 02:52:36" ["post_content"]=> string(3479) "

狭小地でマイホーム


狭小住宅は、東京都など都心の人口密集地や、利便性の高いエリアなどに多い傾向があります。狭小住宅のメリットは、利便性の高い土地にマイホームを建てられることです。利便性の高い土地はどうしても価格が高くなります。しかし、狭小地に家を建てることにより、面積が抑えられるため「いままで諦めていた立地でもマイホームが建てられる」可能性が広がります。

狭小住宅と耐震



敷地

都心での住宅敷地面積の平均は15~20坪です。建ぺい率を考慮し、家族の居住面積を満たすためには、階数を増やす必要がありますが、高い耐震性が求められます。

室内環境

狭小住宅の場合、隣家の距離が狭い環境で、日当たりと風通しを十分に採り入れ、健康的な生活を送るための工夫が必要です。 大邂逅の家プランは、間口が狭く奥行のある家でも奥まで陽射しと風を届けます。

お客様の要望に応える

設計するときに、開口部の問題で壁量が足りない場合は意匠図面を大きく変更することがあります。そんな場合でも、『フロッキン狭小壁』を織り込めば、意匠図面に沿った構造設計ができます。 お客様の要望に限りなく寄り添い、安全安心で開放的な空間を実現できる商品がこの『フロッキン狭小壁』です。

フロッキン狭小壁のメリット

敷地や室内環境、インナーガレージなどへの耐震問題を解決し、“光と風”のある暮らしのお手伝いができるのがこの『フロッキン狭小壁』です。

プランニング例はこちら! 『フロッキン狭小壁』の専用ホームページはこちら!" ["post_title"]=> string(71) "光と風とガレージのある暮らし フロッキン®狭小壁" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(81) "%e5%a4%a7%e9%82%82%e9%80%85%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-07-26 14:37:56" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-07-26 05:37:56" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=9302" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4799 (24) { ["ID"]=> int(9034) ["post_author"]=> string(1) "6" ["post_date"]=> string(19) "2022-03-24 10:41:39" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-03-24 01:41:39" ["post_content"]=> string(6600) "

和紙わいやーで見た目の美しさを楽しむ



和紙わいやーは、今までにない和の風合いが魅力のクラフトワイヤーです。アクセサリー、オブジェなど、アイデア次第で多彩なものが作れます。

このワイヤーはパールビーズなどを通したり、マニュキュアを使って輪の中を塗り絵のように色付けすることもできます。 和紙わいやーの魅力は風合いの豊かさ、色展開の豊富さ、手触りの優しさです。そこに針金細工ならではの魅力、「作り手のさじ加減で仕上がりの雰囲気が変わる」、「同じ作品を作るのでも何通りもの方法がある」が加わり、世界にひとつだけの作品作りができるものです。和紙わいやーに触れていただいて、オリジナリティあふれるハンドメイドを楽しんでください。

針金と和紙


日本が世界に誇る伝統工芸の一つである和紙と無機質な針金。 このコラボが実現したのは、装飾用として種類を増やすという発想からでした。 試行錯誤の結果、『和紙』に辿り着いたのです。和紙は色も豊富で強度もあり、ワイヤーとの相性がとても良かったのです。 ワークショップなどで紹介すると、とても評判が良く、お客様の要望を取り入れながら、商品化を進めてきました。 風合いが増すように紙を分厚く巻き付けると、和紙の良さがさらに強調され、表面が柔らかくなり、細工する手に馴染みやすくなりました。

和色二十二色



色とりどりの和紙が約0.3mmの鉄線を覆っています。色合いは全部で22色あるので様々なシーンで幅広くお使いいただけます。

揃える道具は和紙わいやーだけ


 
道具は揃えた方が便利ですが、気が付くと引き出しの奥にしまい込まれてる場合があります。和紙わいやーはそんな心配はありません。細いので家にあるもの(ハサミやペン、ピンセットやラップの芯など)とご自身の手で作ることができます。そして、基本の曲げる、繋げるができたら簡単に色々なものが作れます。アクセサリーやオブジェの加工、そして複雑な立体物に仕上げることも可能です。

基本

ワイヤークラフトの基本は、曲げる・切る・繋げるになります。平面でも立体でも必要な作り方の基本のテクニックになります。

曲げる

どのように曲げたいかによって方法が変わります。どれも簡単で初心者でも手作りアートができます。きれいな円を作りたい場合も家の中にあるもので対応できます。ペン、コップ、ラップの芯などで代用できます。

切る


ワイヤーを切る場合、ラジオペンチやニッパを使用します。 和紙わいやーは細いので、家にあるハサミでもカットできます。 先端が鋭利になることもあるので、怪我をされないように注意してください。 気になる場合はラジオペンチやピンセットで挟み、手首を返すように丸めて おくと怪我防止に繋がります。

繋げる

繋げ方は2種類あり円を作って繋げる方法とT字型に繋げる方法があります。ラジオペンチを使用しますが、和紙わいやーは柔らかいので、手でくるくるとねじるだけで簡単につなげます。

作ってみました

リボンの代わりに和紙わいやーでラッピングにチャレンジです。手とハサミと家にあるもので作ってみました。

商品ラインナップ



   " ["post_title"]=> string(18) "和紙わいやー" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(54) "%e5%92%8c%e7%b4%99%e3%82%8f%e3%81%84%e3%82%84%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-18 17:05:33" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-18 08:05:33" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(51) "https://daidohant.com/?post_type=topics&p=9034" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(6) "topics" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

法人のお客様