ダイドーハントでは、全世界が直面している「地球温暖化」という問題に対して、事業活動を通して「何か貢献できることはないか」を常に考えています。
省エネへの取り組み、環境汚染の防止、廃棄物削減など、できることからコツコツ取り組み、社会に貢献する組織を目指します。

DHエコマーク
ダイドーハントは、創業以来70年以上にわたる「釘」の製造販売を通して、木材、および木製品の普及を陰ながら支えてまいりました。
昭和50年代からは、釘だけに限らずねじ、ボルト、接合金物といった幅広い製品群を取り揃え、木造住宅の構造部を守ってきました。
そこで、より一層の木材普及を支えるとともに、環境によい製品づくりを目指すため「DHエコマーク」をつくりました。省エネに役立ち、環境汚染を防止し、 廃棄物を削減する製品には、この「DHエコマーク」をつけています。今後も「DHエコマーク」入り商品の普及を目指し、従業員全員での環境活動を継続して いきます。
環境にやさしい「ノンクロムラスパート」を採用
業界に先駆け、クロムを使用しない環境配慮型の表面処理「ノンクロムラスパート」を「DH接合金物シリーズ」に採用しました。「ノンクロムラスパート」は、第一層の金属亜鉛層、第二層のクロム系を一切含まないノンクロム化成皮膜、第三層の表面焼成塗膜層からなる、高耐久性防錆処理です。中国にある当社合弁会社「烟台漢都金属制造有限公司」にも処理設備を導入し、環境汚染を防止するための、一貫した生産システムを整えています。
太陽光発電の普及も「影」ながら支えています
>>PDFダウンロード ソーラーパネルを取り付ける際に使用される、支持金具類や架台、安心・確実な施工を提案する、安全サポートシステムなどの販売を通じて、太陽光発電 の普及促進をサポートしています。住宅資材関連で永年培ってきた経験をもとに、安心・安全で価格も手頃な商品を提供し、太陽光発電の拡大に貢献しています。
最近の太陽光発電の急激な普及に伴い、モジュール施工時の欠陥工事も増えています。屋根上での作業に慣れていない施工者が、誤った施工 を行うことで、雨漏りが発生したり、モジュールが強風によって浮きあがったりする事例も増えています。
また、屋根上工事中の転落事故も増加し、社会問題と なりつつあります。ソーラーパネルの設置作業や設置後のメンテナンス(定期点検)作業は、足場の悪い中での高所作業であり、常に墜落・転落の危険性を伴う にも関わらず、適切な安全対策および商品はありませんでした。そこで、屋根上作業時の安全性を高め、墜転落を防止し、確実なモジュール施工をサポートする 「セーフティワークス」を開発。適切な安全対策による、ソーラーパネルの普及促進を支えています。
ムダをなくし、ゴミを削減
さまざまな少量パッケージを取り揃え、お客様それぞれのご要望に応じた数量を購入いただくことで、無駄をなくしています。また、再利用できるパッケージもご用意し、ゴミ削減を支えています。18年以上にわたってつづけている必要なときに、必要な分だけ、必要な場所に製品をお届けする「邸別出荷」では建築現場での製品余りやゴミ削減に貢献しています。
参加しているキャンペーン

地球環境のために、ひとりひとりができることはたくさんあります。
日々の生活の中で、社内の人間が少しでも環境保護に対する意識を
もって取り組めるよう、各種キャンペーンにも積極的に参加しています。